富商は環境に優しい素材「アルミニウム」の専門商社です。
  兜x商会社概要    
 
アルミニウムは他の金属と比ペると腐食しにくく、融点が低いため、使用後のアルミ製品を溶かして、簡単に再生することができます。しかも二次地金(再生地金)をつくるのに必要なエネルギーは、新地金をつくる場合と比べてわずか3%ですむといわれています。
また品質的にも、新地金とほとんど変らないものが製造できるため、たいへん経済的な材料だといえます。
とくに飲料缶では、空き缶を回収し再資源化しようというリサイクル運動が全国各地で行われており、省資源・省エネルギーを果すとともに、地球環境保護の推進にも大きな役割を担っています。
このことは、今後ますます増加するアルミ需要に対する安定供給の大きな助けになります。

日本では、消費者の環境意識の高まりに支えられて、すでに多くのアルミ缶が回収され再びアルミ缶へと生まれ変わってきました。
平成16年度の飲料用アルミ缶のリサイクル率は前年の81.8%に比べ、4.3ポイントプラスの86.1%と過去最高を記録しました。(アルミ缶リサイクル協会調べ)
飲料缶は、自動販売枚の普及やライフスタイルの変化とともに、人気が高まる−方ですが、なかでもビールや炭酸飲料ではアルミ缶の需要が大きく伸びています。
これは効率のよいアルミ缶の製造技術が確立され、さらに缶臭さがない、速く冷える、印刷が美しい、軽量で運搬がしやすい、そしてリサイクルによる省エネルギー・省資源に役立つなどのメリットが広く知られ、今ではアルミ缶が主流となっています。
食品や医薬品の包装に、多くのアルミ箔が使われていることにお気づきですか。
紙のように薄いアルミ箔は、毒性がなく腐食しにくいためたいへん衛生的で、また他材料と接合しやすいので、フィルムと貼り合わせて複合材にすることができます。表面が美しく、しかも気密性が高いため食品や医薬品の品質を守ることができます。
参考資料:社団法人日本アルミニウム協会